HRマネジメント

私たちの仕事

PMIの重要性

01

PMI(Post Merger Integration)とは

事業承継・M&Aのシナジー効果を実現させるPMIの価値

事業承継・M&AにおけるPMIは、売買契約を締結する前のデューデリジェンス若しくは、最初の意思決定である基本合意から始める後工程であると言えます。
統合後の経営ビジョンに基づくPMIアウトラインをまず構築し、そこから因数分解してどのポイントを精査確認するかを考えるべきです。
事業承継・M&Aの成否を決めるポイントは、M&A後の新しい事業戦略を支える「人間関係」と「仕組み」を対象会社に埋め込むことができるかどうかにかかっていると言っても過言でありません。ここでいう「仕組み」とは、事業シナジーをコーポレートバックボーンである「組織・人事・ガバナンス」「財務・会計」「ITシステム」などがそれにあたりますが、まずその前に、いわゆるソフト面である円滑な意思疎通を行える環境が整っていないと、それぞれの統合はあり得ません。

PMIフレームワーク

ハード面 ソフト面
ガバナンス
■対象会社への責任の分化と権限の委譲
■採用・解雇
■報酬(業績評価と個人評価)
■レポートの手法
■決済手続き・会議体の運営
■投資権限
■事業再編の判断
報酬
■構成要素の確定(インセンティブ・ボーナス等)
■業界水準、ベストプラクティスとの比較
リーダーシップ
■新組織を運営するリーダーのアセスメントと選定
■目標プランの設定
福利厚生
■退職年金制度・医療保険制度等の内容確認
■業界水準、ベストプラクティスとの比較
企業文化
■新方針・新戦略と整合する業務内容
■ギャップの分析
■プラン変更
■社員意識調査
人材
■人材ストックの把握
■不足人材の募集・育成
■登用プロセス
■コンピテンシー評価
■職務評価
コミュニケーション
■意思疎通会議の頻度
■意欲低下の防止
■社間コンセンサスの在り方
PMO(Project Management Office)
■確実な統合プランの策定
■PMI全体に係るガバナンス体制確立の立案・実行
■異なる部署間のコーディネーション
■ネクストアクションの策定
■チェンジマネジメントの現場マネージャーに対する指導及び委譲

02

一般的な仲介会社との違い

着地点の考え方が異なるため、基本合意からPMIを見据えた取引を行います

一般的な仲介会社との違い 一般的な仲介会社との違い

03

PMIサービスが無いことによる、よくあるデメリット

PMIを見据えない譲渡プロセスの危険性

DEMERT

  • 買収後、放置してしまい減収減益を招く
  • 譲渡者と疎遠になってしまい、譲渡後の問題を解決できない
  • キーパーソン・準キーパーソンの退社で減収減益を招く
  • 人事統合にギャップが生じ、多数の退職者により業務に支障が生じる
  • 着地点が譲渡時のため、譲渡プロセスの些細な契約条項に拘り過ぎて人間関係を崩す
  • 社員モチ―ベーションの下降が目立つ
  • 譲渡会社の持つ歴史や人脈などの利点が損なわれる
  • 準備の無いままPMIに入り、引継ぎに無駄な時間を要する
  • シナジー効果が、明らかに薄い
  • 一つの統合に時間を要してしまい、ネクストアクションが起こせない

事業承継・M&Aをひとつの経営戦略と考えた時、
PMIの発想無くして事業拡大はあり得ません

土日祝日も対応いたしております。
お気軽にご連絡ください。

人材紹介サイト

お問い合わせはこちら